ジャムと料理作り

今年最後のスモモの収穫であった「太陽」の生食分がまだ残っていたので全てジャムにしてみた。 「太陽」は果肉が他のスモモより日持ちの良い固い質なのでちょうどリンゴのようなジャムになった。出来上がりで1.5キロあった。 従弟がお盆でのお参りに来てくれるとの事で、昼食を食べさせようと食材さがしでスーパーへ。 型の良いアカカマスがあったので購入。干物にしようと思ったが生憎の天気で断念…

続きを読む

早朝のお墓掃除とお参り

早朝に起きてお墓へ行こうとしたところ線香の在庫がない、仕方なくコンビニへ買いに行ってから霊園へ。 今朝はモヤがかかっていた。駐車場に到着して先ずはコンビニで一緒に買ったホットコーヒーにて一服する。 さすがに5時ではまだ誰も来ていない。 駐車場の周囲にあったアベリアからはほのかな香りがしてきて心地よい。 霊園の全体ではきれいに雑草が刈られていたが、各墓石の周囲には雑草が…

続きを読む

太陽の収穫と料理画像

先日から行きつけのスーパーでも山梨産のスモモの「太陽」が店頭に並び始めていたが、それに合わせるように私の素人農園でも先日「太陽」の収穫を始めた。 こちらは「太陽」の二回目の収穫時のもので、今年のスモモの最終となった。 あちら産のウナギの特大かば焼きが780円と今まで以上にお安かったので、ひさしぶりに購入してみた。 いつものようにかば焼きの表面を水で洗い落…

続きを読む

載せそこなった画像、料理編

よく作る漬け丼。この時はいつものメバチとサーモンの特売と、合わせてタコも特売であったので具のひとつに加えてみた。一人前300円以下のコストになる時のみ作っている。 農家の親戚より待ちに待ったジャガイモの「とうや」を戴く。 早速ポテトサラダを作る。普段は男爵かメイクイーンを使用しているが、「とうや」がポテトサラダにはベストな気がする。 ポテトサラダは一番最初に覚え…

続きを読む

載せそこなったスモモ画像等

先日の参議院選挙ではぽつぽつと公務が続いて記事つくりができなかったがその分画像だけが残ってしまったので載せさせていただいた。 先ずは7月初旬での二度目の大石早生とブルーベリーの収穫 今年の大石早生は美味しいものができた。 ブルーベリーはすべてジャムに、ブルーベリーはジャムにするのがベストかといつも作るたびにそう思わされる。 出来上がり 大石早生より遅れて…

続きを読む

二年ぶりの靖国の「みたままつり」

父が戦中後半に所属していた部隊が、戦後まもなくして元中隊長を中心に復員した方達で戦友会を作った。まだGHQの目が厳しい時代でもあり部隊名を使えず仕方なく部隊長の姓をとって会の名前としていた。 その後しばりもなくなって当時の部隊名を会の名前とされるようになった。昭和の時代では集まりを開くと元部隊長を中心に常に百名以上の参加があったと聞く。また会の冊子が元中隊長の手で編集されて年に数回発行され…

続きを読む

師と仰いだ大先輩が鬼籍に

親子ほどの歳の差ながらも友人としてずっとお付き合い頂き、また大変お世話にもなった山口のN様が昨年すでに鬼籍に入られていた事を知らされた。享年98歳であった。 N様とは今から13年前、ある事のお礼を言いに山口県の光市を訪れた折、宿泊した老舗料理旅館の社長さんや女将さんからのご好意で紹介して頂いたことがN様との出会いの始まりだった。 その後N様とは普段は文通を中心にお付き合い頂き、そのような中で…

続きを読む

スモモの収穫とジャム作り

栽培しているスモモの中で一番早い収穫を迎える大石早生の先月20日の画像で、すでに収穫を迎えてきている。これ以上おくと完熟してしまう。 大石早生の場合は完熟すると酸味が消えて逆に美味しくなくなってしまう。 完全に食べごろ状態の大石早生の初収穫。 数日後の本収穫。まだ苗木から5年目の若木だが一度でこれだけの収穫ができた。この大石早生は香りもよく、味も酸味と甘みのバランスが絶妙で…

続きを読む

横須賀市内のフェスタへ

少し前の記事となります。 久しぶりに横須賀音楽隊の演奏が聴きたくて横須賀を目指す中で、朝一番の空港経由の高速バスで先ずは東京まで。 朝イチの5時半発の空港経由の東京行きバスだけは、第二ターミナルのみの停車なので高速に入ってから時間調整の為にパーキングで15分の休憩がありトイレや売店利用もできて逆に便利であった。 朝がかなり早く朝食抜きでもあったのでコーヒーとサンドイッチで軽い朝食を。 …

続きを読む

定期の検査と新たな治療

2週間程前の事だが、定期の検査と診察の為早朝より病院へ。6時半過ぎには駐車場へ着きいつもの場所へ車を置いて院内のロビーの受付機へ向かうとすでに二十人程が並んでいた。 その後はいつものように採血室前へ。こちらでもすでに10人以上が座って待っていた。 7時半には採血を済ませて、その後はいつもの売店で朝食用のオニギリと飲み物を買い、車に戻って軽い朝食をとる。 この日は混雑もなく予約通…

続きを読む

初採りの真竹タケノコ

先週の日曜の夜明けの時間帯に近くの真竹の竹林にタケノコを採りにゆく。 ここのところ地元でのイノシシの目撃情報も頻繁にある中で、また昨年は自身のスモモ畑でイノシシの痕跡(スモモ畑には沢山のボウタラミミズがいる中で地面が荒らされていた)もあったりして尚更に好物のタケノコでもあるのですこしばかりは警戒しながら竹林に入っていった。 昨年は5月25日に初採りしていた中で今年も同じタイミングで一度その頃…

続きを読む

台風並みの風雨が去って

一昨日は朝から一日台風並みの雨風があった中でスモモの様子が気になってしょうがなかった。 翌日は朝一番にスモモの実の落下や枝折れがないか見廻ってみた。 翌日のスモモ畑、全体的にはさほど影響がなかったように見える。 被害としては、ハリウッドの枝が数本折れていて、また実の落下ではソルダムとメスレーとハリウッドに幾つか見られたが、思ったよりは少なく済んでなによりであった。 大…

続きを読む

スモモとアオダイショウ

ヘビの画像が出てきますので、嫌いな方はスルーしてください。 各スモモの様子を見残しの摘果をしながら廻って歩いていた。その途中で三本あるチェリープラムの中の一本の木の中へ顔を入れて覗き込んだところ、まだ若いアオダイショウ(長さ80センチ程の人間でいったら中学生くらいか)が目と鼻の先にいた。 スモモの木にのぼっていた蛇は初めてで、いったい何を狙ってあがってきたのか不思議にも思えた。 移…

続きを読む

スモモ達の近況

其々のスモモの様子を見がてら摘果もする。 ソルダムもようやく育ちはじめた。実がお尻のようにくっきりしているのが特徴 大石早生も順調に育っている こちらは太陽の実。7月末から8月初めの遅い収穫で、ようやく育ちはじめてきた。 庭先のブルーベリーも実になってきた。 この時期、二回目のアブラムシ用の消毒も行ってみた。 大石早生の摘果をしていたら大きなカ…

続きを読む

溜まっていた料理画像

料理画像が溜まっていたので今回載せさせていただきました。 これは2月頃に作ったアナゴ丼。不定期ですが、行きつけのスーパーの店頭に地元産のアナゴが並んだ中で特に消費期限落ちして値引きされた時には即買いしてよくこれを作ります。 こちらは三月頃のもの。地元の農家の知人や親戚から里芋や八ツ頭を戴くとよく豚汁にします。寒い時期は体も温まるし、具材もいろいろ入って栄養もありますね。冬場はニン…

続きを読む

庭先の花やスモモの様子

玄関近くの白いツツジが満開の見頃となっていた。 ハナミズキもよく咲いている。 スモモのチェリープラムの近くの花(毎年咲く中で正式な名前も解らなかったが、ネットで調べたらたぶんジャーマンアイリスかと思われる)も大分咲いてきた。 ここ数日間で摘果した各種スモモの幼果達。中でも今年もよく生りてくれている三本あるチェリープラムの幼果が一番多い。摘果をしないと良い実が作れない…

続きを読む

令和元旦のお参りと初ラーメン

新元号となった5月1日は仕事も臨時の休みとなった中で、いつも新年の日の出を拝みがてら参拝している近隣市の浪切不動院へお参りに出掛けてみた。ちなみに菩提寺の方は地元にあるのだが、このお寺は高校時代の通学路の途中にもあり当時から親しみのあるお寺であって、また友人のラーメン屋さんもすぐ近くにある中で個人的には後利益を感じているお寺でもある。 天候も曇り空でまたお正月でもないせいか境内には殆ど…

続きを読む

田舎風のもてなし

連休前半の日曜日、従弟が久しぶりに訪れてくれるとの事で、タケノコの時期でもありタケノコをメインにした料理をと考えた。 従弟は東京寄りの街中に住んでいるので、尚更にそのような田舎ならではの食べ物の方が良いのではと献立てみた。 先ずは早朝堀りしたタケノコを使いいつもの炊き込みご飯を作る。 朝堀りで特に穂先の黄色いタケノコは柔らかくてまたアクもなくそのまま使えるのでタケノコの風味を楽しむには最高…

続きを読む

庭の花とスモモやリンゴの近況

庭のハナミズキが見ごろとなっていた。隣に白色もあったのだが数年前に枯れてしまった。 こちらは家の奥に咲いていたヤエヤマブキ。 一本だけある自家結実種のメスレーの幼果ですでに1センチほどに成長している。実は小さ目だが沢山生って病気に強くて育てやすい。 同じく自家結実するチェリープラム(アメリカンチェリーとスモモのかけ合わせ)の幼果、沢山生って収穫時は濃い紫色になる。ま…

続きを読む

三度目の恐怖の治療

タイトルからして大袈裟に聞こえるかもしれないが、4年前の大きな手術後の後遺症として尿道狭窄が発症した中で、今までに二度の手術や治療を受けているのだが、またその治療を受け始めている。 手術の方は局部麻酔で内視鏡によるもので二泊三日の入院で済むのだが、その手術後に付随した通院治療が強烈なもので、若い時から様々な検査や治療を経験してきているが、その中でも最強の苦痛を経験させられている。特に4年前の術…

続きを読む