ウナギ三昧

丑の日まではまだ間があるが、久しぶりにウナギを食べたい衝動にかられていた。そんな時、行きつけのスーパーでウナギのかば焼きの特売があった。ここのところ時期なのかちょくちょく特売をしていた。 それでも国産の養殖もののかば焼きは一尾で1500円(税別)、あちら産の特大かば焼きはその半値の750円であった。あちら産はそのままでは温めても美味しくありません。 それでも以前にテレビ番組の中であちら産が国…

続きを読む

そろそろ断捨離か

以前にも記事にした事があって重複する部分があるかと思いますが改めて載せてみました。 6年前にがんが見つかり手術そして放射線治療、その後は後遺症等でまた何度かの手術、更には昨年には再発そして新たなる治療となった今、 年齢的に言えば平均寿命まではまだまだだが、命に係わる事がこれだけ自身にふりかかってくると、断捨離、特に離の部分を気にするようになってきた。 それは現在ある楽器や機材の事である…

続きを読む

スモモ達の様子

久しぶりの晴れの天気で、スモモ達の様子をカメラに収めに。 一番遅い収穫(7月下旬頃)となる「太陽」にも薄っすらと赤みが。 こちらは「太陽」二兄弟、順調に育ってくれた。今月は台風が来ないように祈るばかりだ。 11年生の「ソルダム」の様子。今週中には収穫になりそうな実も多くなってきた。 数日前「ソルダム」の頭頂部が少しばかり虫に食べられて赤みが出ていた実をもいできて、…

続きを読む

スモモの収穫とジャム作り

このスモモは苗木から6年になるが、当時業者からいただいたもので種類の名前がいまだに分からない。また昨年などは沢山なったが美味しくなく全てジャムにしていた。今年の冬にはダメ元にと思い切って太枝を剪定していたので実を生らすことは諦めていた。それでも数個生りていて食べごろにも見えたので、その場で試食してみた。 もいでみたところ数が生りていないせいか重さも80グラムはありそうな実であった。 …

続きを読む

スワ!大地震か!そして思い出の釣り場

毎晩のように以前からの術後の後遺症と、そして昨年からの再発治療薬の副作用とのダブルで1時間か1時間半毎に無理やり起こされている中で、今朝も4時過ぎに起こされてからは、中々眠れずにそれでも床でそのまま横になっていた。そんな5時少し前に地震が発生した。 最初は小さな横揺れだったが次第に大きくなりその後30秒以上は続いたであろうか、徐々に揺れが大きくなり大地震になるのではと段々と身構えはじめていた。…

続きを読む

一人だけの誕生日食事

先日は、いつもの行きつけのスーパーでの買い物の中、地元産のアナゴが消費期限落ちの3割引きで並んでいた為に、いつもの事だがついつられて衝動買いをしてしまった。 買ってしまった中で久しぶりのアナゴ丼を作ることに。先ずは串に刺して両面を焼き、その後に蒸す。蒸す時は水滴が落ちないようにタオルをかけてからフタをする。 小骨を更に柔らかくしようといつもより長めに蒸してみた。 以…

続きを読む

半年ぶりの再会と食事会

孫達との再会は昨年の我が家での食事会以来で実に半年ぶりであった。 今回は車で1時間足らずの某市内の焼肉屋さんでの再会とそして食事会であった。 孫の中の長女は晴れて高校生となり、二女三女長男は其々転校した中学校と小学校に通っていた。皆それぞれに友達もでき始めたり、また学校生活も楽しいようで、一番気がかりであった事がうまくいっているようで女房共々先ずは一安心したものだった。 予約の席に…

続きを読む

アジサイとスモモ収穫の続き

これは5日程前のアジサイの様子 この時が一番に奇麗な色合いで、現在は色が濃くなってしまった。 スモモ畑内でいつもこの時期に咲いている。鮮やかな黄色でキスゲの一種か?アブラムシが沢山発生していたので駆除した。 もう一本ある「大石早生」の実。日当たりの関係で1週間近く遅れての収穫となった。 今回で一番大きな「大石早生」の実で、84グラムあった。ちな…

続きを読む

定期の病院行きとスモモの収穫

三か月に一度の病院行きの為、早朝の5時半に起床する。先ずはと顔を洗い、その後拭いたタオルを洗濯籠に入れたと同時に大きなムカデがタオルの上に現れた。びっくりしたが、ムカデの方もまたすぐに洗濯物の中に入り込んでしまった。兎に角逃がしてはならぬと、すぐ近くにあったジェット噴射のフマキラーを持ってきて洗濯物やカゴの周囲などに連続で噴霧した。そして洗濯物を一枚ずつ取り出そうとしたところ、ムカデの方から少し…

続きを読む

初収穫と戴き物

スモモの「大石早生」の実の一部が収穫時期を迎えはじめてきた。 出荷用だとこの程度で収穫しているかと思われる。「大石早生」は日持ちもよくなくて追熟も早い。またあまり熟しすぎると酸味が抜けて逆に美味しくなくなってしまう。 三日前の大風でたまたま落ちてしまった「大石早生」の実。まだ表面が青くて食べても酸味ばかりで美味しくないし、収穫には早すぎる。 その二日後の様子。リンゴと一緒に…

続きを読む

初物づくし

昨年の真竹タケノコの初収穫が6月2日であったので、今年もそろそろかと早朝日の出前に家を出て車でいつもの真竹の竹林へ行ってみた。 今年4月の孟宗竹のタケノコは今までに経験したことのない大不作であったので、真竹も同じなのではと半信半疑で出かけてみたが、予想に反して昨年よりは出が良さそうな様子であった。 真竹のタケノコは掘るのではなく根元から折るだけなので労力やコツも要らずにあっという間に収穫でき…

続きを読む

スモモ畑の花やスモモの様子

スモモ畑の隅にかなり前からある名前すら解らない小バラ。今までは木や花の勢いもなかったのだが、三年前に木全体にアブラムシが大発生しているのを見つけて、すぐ脇のスモモにも移動されたら大変とその時からアブラムシ防除の薬を散布するようになった。そして昨年からは樹勢も復活してまた花も沢山咲くようになった。なるほど、改めて消毒散布の効果を実感させられた思いであった。 小バラではあるが、一輪だけでも…

続きを読む

最近の料理画像

消費期限落ちでお安くなっていたメバルの1パックを見つけて即買い。 早速エラとワタを除いての下ごしらえ。 活きは落ちていたが煮つけでは問題なし。すこし小ぶりだったが、メバルは煮つけが一番合っていて美味しかった。 しばらくぶりにたこ焼きをと思ってたこ焼き器をひっぱりだした。タコは買い置きしてあったが、肝心のたこ焼きの素の在庫がなかった。 仕方ないので、薄力粉と卵と…

続きを読む

スモモへの侵略者(ふくろみ病)と実の様子

人間界では相変わらず新ウイルスが猛威をふるっていますが、スモモ界でも結実して実が育ってゆく4月から5月にかけて、特に「ソルダム」種の実にふくろみ病の菌が悪さをします。 冬の時期にふくろみ病の消毒をしていますが、それでも結局4本ある全ての「ソルダム」の木で発生しました。 これは1週間程前のふくろみ病に感染した実が変異してゆく様子です。結実したばかりの時では全く区別がつきませんが実が数ミリになる…

続きを読む

スモモの摘果

ここ一週間程、間をみては其々のスモモの仮摘果を行った。 一番最初に仮摘果したのは、開花や結実の早かった「メスレー」や「チェリープラム」の幼果。 その次には「太陽」や「ハリウッド」の仮摘果も 「ハリウッド」は1本の木だけが鈴なりでこれは2回目の仮摘果 3本ある「チェリープラム」の2回目の仮摘果 昨年も「チェリープラム」で一番発生した灰星病だが、消毒もすでに…

続きを読む

掘ったタケノコを食材にして

今年の春は今までに経験した事もないほど一番の不作となってしまったタケノコなのだが、数日間空けた中でまんべんなく探してやっとこれだけ確保できた。 昼食はタケノコの混ぜご飯、味噌汁、二種類のメンマとタケノコがメインの献立となった。ちなみに味噌汁分は朝堀の時はアク抜きしないでそのままで使用している。その方が良いダシがでて実に旨い。 翌日は色々な在庫ラーメンと冷蔵庫内の食材の在庫処分…

続きを読む

スモモ達の様子

数日前の様子で、こちらは「チェリープラム」の幼果。受粉いらずの自家結実の中で今年も沢山実がついてくれた。大きいものでは5ミリ以上に成長していた。 「大石早生」の幼果。いつも6月半ば過ぎには収穫できる一番早い種なのだが、そのくせ開花は一番遅かった。それでもまるで帳尻を合わせるかのように実の成長はさすがに早い。 大玉の「貴陽」と同じく受精しにくいと言われている「太陽」だが、今回初…

続きを読む

恐るべき侵略者

タイトルが大袈裟かもしれないが、いつもこの時期になると思い知らされることがある。 それはスモモの「ソルダム」という種類に特に多く発生する「ふくろみ病」という病気で、幼果が変形してソラマメのさやのような形でどんどん大きくなり最後は白くなって胞子をまき散らして他の木(特にソルダム)に伝染してしまう。 3本の5,6年生の「ソルダム」をちょっと一回りしてこれだけあった。 発芽前頃に二度専用…

続きを読む

初堀りタケノコ

ここ連日チェックしているが我が家の竹林では相変わらずタケノコの出が無い。竹林が荒れてきているのも原因のひとつかもしれないが、それにしてもこれだけ出の悪い年は経験したことがないほどだ。そんな中で半信半疑ながら竹林以外の場所も探していると、なんとスモモ畑の脇の赤道(あかどうと呼んでいて、古くからあるあぜ道)の際に良型が2本並んで出ていた。 後から少し小さい1本も見つけて追加掘り。 …

続きを読む

初物をいただく

今年のスモモの開花は例年より1週間から10日も早くて、タケノコもいつもより早く3月の25日頃には一番が掘れるものと期待させてくれたのだが、三月下旬から寒さが戻ったせいか逆に例年より出が遅くなってしまった。 そんな中で知人が自分の竹林で掘った型の良い1キロ程のタケノコを差し入れしてくれた。同じ町内でも場所や環境で結構差もでるものだが、早速半分を干しシイタケと一緒に煮てみた。 いつもの事…

続きを読む