ブルジャケの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS お土産用のタケノコ採り

<<   作成日時 : 2017/06/03 19:50   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

県内でも遠距離となる従弟の所へ歯の治療に行く中で、前々回の治療時に持っていった朝掘りの孟宗竹が従弟をはじめ衛生師の皆さんにも大層喜んでいただけたので、今度は真竹タケノコの朝掘りをと当日の早朝採りに行ってみた。
前回の採りから二日空けた中で雨も前日降ったのでとすこしばかり期待してのタケノコ採りであった。
出方が今一つの中で今までに採れない場所も含めて広範囲に探し、その甲斐あってかなんとか量的にも採れてお土産も確保となる。
画像

今年に限っては今まで良く採れた場所が芳しくない中で、逆に全く実績のない場所で数本出ていた事にはいささか驚かされた。

行きつけのスーパーの鮮魚コーナーに久々にセグロイワシが並んだ。地元産は昨年に続き今年も相変わらずの不漁続きで残念な事なのだが、こちらは三重県産と表記されている。価格も地元産と変わらぬ安さであり、これで久しぶりにセグロの団子汁がいただけると張り切って二パックを購入する。
画像


ずっとマイワシで我慢してきた中での(マイワシも美味しいです)本当に久々のセグロでの団子作りとなり、心も弾んだ。
画像


いつものようにすり鉢で、ショウガ、味噌、タマゴ、片栗粉を入れて。
画像



友人からのお土産で佐野ラーメンを戴いたので、具材のチャーシューとして煮豚作りを。生憎国産肩ロースのブロックが店頭に無く、代わりにポークソテー用の厚切り国産ロース肉を二枚買い、塩コショウしてしばらく常温で。
画像


いつもの要領で煮豚に。
画像


お土産用の真竹タケノコは型の大きい分にした中で、小さい物は自家用として味噌汁とメンマに使用した。
メンマ作りも昨年の真竹タケノコの時期以来で一年ぶりであった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いまシーズンの細いタケノコ(ハチク?)
美味しいですよね。
私のところにも、昨日岡山の従兄が
送ってくれました。
マナオさん、メンマまで手作りなの?
驚きました

鰯はセグロ鰯と言う種類もあるのですか。
初めて知りました。
美味しさはどう違うのでしょうね。

それにしてもマナオさんの料理上手に
舌を巻いています。
お味見したいくらい(笑)
慈園
2017/06/03 20:45
慈園さん、こんばんは。
ハチクと言う竹の名前は聞いた事がありますが、私の地元にあるのは真竹で今がそのタケノコ採りでの時期となっています。4月の孟宗竹のタケノコと違い、根元から折るだけですので見つけさえすれば道具いらずで実に採るのが楽です。
メンマはこの真竹のタケノコを採るようになってからこの時期だけ限定で作っていました。一年ぶりですが、昨年作ったものより美味しくできた気もしています。
私の所は内陸でも比較的九十九里の海に近いので、子供の頃から魚は良く食べていました。その中でもセグロイワシの団子汁はよく食卓にのっていました。
セグロイワシはマイワシより小さくて大きくてもせいぜい15サンチ程です。カタクチイワシの呼び名も同じ魚かとも思われます。マイワシ同様昔より地元の海で獲れていた魚で食用の他には、養殖魚のエサや大物釣りでの活きエサにもよく使われています。
地元の料理としては、ゴマ漬け(生魚を使い酢や塩を基本にゴマや生姜や柑橘の皮を使用)や団子汁が有名です。
ひょんな事から台所の係にもなりまして早10年はなるかも知れません。相変わらずの素人の男料理ですが、イワシの団子汁は子供の頃から食べてもいた中で最初の頃に作った記念の料理でもあります。
マナオ
2017/06/03 22:19
料理テクニックが凄過ぎですね。
親戚になりたい!希望者の
第1号で登録をお願いします!
それにしても美味しそうです。
Bianco NERO
2017/06/04 10:51
Bianco NEROさん、こんにちは。
そんなにお褒めいただいたりしますと只々恐縮してしまうばかりですが、ありがとうございます。
私事ですが、数年前に命ににも関わる病が見つかり手術も何度か受けて現在も経過観察中の身となっています。幸いに消化器系ではありませんので、入院中でも普通食をいただけました。以前より家族の食事の係もしている中で、今回の入院手術の経験から尚更に普通の食事が摂れる有難さを感じ、また毎日の一番身近な楽しみが朝昼晩の食事ではないかと再認識させられました。また家族や親戚や知人友人の為に料理し、そしてまた喜ばれる事に大きな幸せ感を味わっています。
先日伯母が102歳の大往生をいたしました。生前初めて施設に見舞いに訪れた時に伯母が「週に一度昼食で出る食パンが実に美味しくて一番の楽しみなんだ」と私に話してくれた事が今でも強く印象に残っています。
人様が美味しいと笑顔になれる料理がつくれたら、最高です!
マナオ
2017/06/04 11:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
お土産用のタケノコ採り  ブルジャケの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる