ブルジャケの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 可哀そうなリンゴの実達

<<   作成日時 : 2017/08/26 17:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

数年前にアルプス乙女と津軽のリンゴの一年生苗木をセットで購入し育てていたが、今年は共に実をつけ順調に育ってくれている。
只昨年もそうであったが、実が成長してくるにしたがい必ずと言っていいほど表面には黒いススのようなものが所々に付着してきて見るからに汚らしくなってきた。昨年はこの黒いものが病気かと思い、また生りている数も少なかったのでまだ早いこの時期にもいでしまっていた。またその時に表面を水で洗ったところこの黒い汚れは綺麗に落ちてしまい病気では無い事も判明したものだった。昨年も何が原因かと考えた中で、航空機のエンジンの排気からのススではと考えるようになった。
このリンゴの木のある位置は成田空港の滑走路の端から6キロ程でほぼ直下に近い中で、開港当時などは間近に見る旅客機はまだ珍しさもあって発着する機をよく眺めたりしていた。当時の旅客機のエンジンは燃焼効率も悪かったせいか、特に離陸時はエンジン後方からの黒い排気が目立つ機種(大型の4発機のDC-8や初期型のジャンボ等)も多かった。
旅客機の燃料はケロシンであり基本的には普段店頭で販売されている灯油と殆んど変らぬものである。当地では以前から西瓜やトマトのビニールハウス栽培が盛んであり、開港してからはビニールハウスがそのススの為に汚れ方が早くなったと聞かされた事もあった。近年の旅客機のエンジンは性能も良くなりまた燃焼効率も格段に向上したせいか見た目ではエンジン後方からの黒っぽい排気は殆んど見られなくなったが、それでも月に二万回前後の発着があるのでそれなりのススが空中を漂い、雨などが降れば一緒に降ってくる訳で、特にリンゴの場合は表面に他の果実にはないワックスが中からにじみ出てきた中でそれと付着するのではと思われた。

ススで汚れた津軽。リンゴの表面では成長と共にロウのような油成分が出てくるのでそれに付着する可能性がありそうだ。幼果の頃ではまだ表面に油分が出てこないので汚れもない。
画像


水を含んだスポンジで拭いた津軽、拭いた部分はきれいになっている。
画像


リンゴの表面をすこし拭いただけでもスポンジにはこれだけの汚れが
画像


こちらも拭く前の状態。
画像


拭いてきれいになった部分
画像


拭く前のアルプス乙女。全部の実がこの状態で実に汚らしい。
画像


右側の実の一部だけを拭いた後。黒かった部分は陽があたらないのでまだら模様となり青か黄色いままである。
画像

昨年も実が成長してくると必ずこの状態になってしまったので、来年からは数も生りるようになってくるようなら袋かけも考えている。バンドメンバーの庭先にもフジと王林の二種類の大きなリンゴの木があり毎年よく実を付けているがこのような状態にはなった事がない。ちなみに彼の場所はコースからは1キロ以上離れていて、これからみても尚更に可能性が考えられる。同じ場所にあるスモモや柿の実には汚れがつかないのだが、こちらは表面にはロウのような油分がないので付着しにくいのではとも思われた。

翌日の朝、少しでも汚れを拭き取ろうとリンゴの木の所へ近づいて行くと三個生りているはずの津軽の一個が見えない。木の下を見ると鳥に半分突かれて食べられたリンゴが落ちていた。
画像


これでは残りの二個も間違いなくついばまれてしまうと思い、まだ大きさも赤みも中途半端ではあるが已むなくもぐ事にした。
画像


左が店頭にあった「つがる」。右は初めてとれたまだ若い「つがる」を半分に切ったもの。
画像


まだ若い実ではあったが充分に食べられる果肉状態であった。まだまだ育ってほしかったのだがそれでも有難く頂戴した。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
驚かされた記事でした。航空機のエンジンからのススがこんなにも影響があるとは知りませんでした。こんなにリンゴが汚れてしまうとは、ビックリです!!
航路付近の農家の方々の苦労が伝わって来ます。
航空機の撮影に楽しんでいる私ですが、このような事実もあることを改めて認識させられました。
トラッキー
2017/08/27 19:20
トラッキーさん、おはようございます。
昨年よりアルプス乙女は数も多く生りまして、また小さい木の方のつがるも初めて実が幾つかついて、産地でみるような木に生った真っ赤に色づいたリンゴを想像しながら実の成長を見ていました。
考えてみれば、初めて実をつけた年から実が育つにつれてこの状態になっていましたので、可能性は高いのではと思われます。
皮を剥いて食べる分には問題ないと思いますが、見た目は今の段階でも画像のように汚らしく、生ったままある程度うまく拭けたとしてもまだら模様になっていまひとつです。
地元がリンゴの産地でなかった事は幸いでした。
マナオ
2017/08/28 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
可哀そうなリンゴの実達  ブルジャケの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる