ブルジャケの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 友人との釣行

<<   作成日時 : 2017/07/12 03:54   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 2

バンドメンバーから12日以降で一泊二日予定での釣り行きを誘われていたのだが、その彼から連絡が入り、ハウス施設に移植予定のトマトの苗の育ちが早まってしまい急きょ予定を変更したいとの事。急な話ではあったが了解して日にちも早めてまた日帰りに変更しての釣行となった。
行く先は変更なく自衛隊堤防方面で深夜0時半に出発、近くから高速にのって2時間程で現着した。本日の釣り場は近くに大きな運搬用の砂山がいくつもある広い場所で車も横付けできる岸壁であった。
まだ暗い3時頃から一番魚の活性のある朝マズメ狙いで釣り始める。始めてすぐに彼の竿にキスがヒット、幸先が良い。私は最初からトリックサビキ使用でアジ狙いに。
周囲も明るくなった中で釣り場から東方向を見る。
画像


バケツには彼の釣った型の良いキスと私の釣ったアカムツが。この時までに一尾のアジと数匹のサバを釣っていた中で、小アジは彼の仕掛けの生きエサ用に、後は小サバも含めてすべてリリースしていた。
いつの間にか背後には沢山の野良猫が釣りあげた魚を狙って集まってきていた。
画像


夜が明け日が昇る頃には、平日にも関わらず多くの釣り人が。車横付けで釣りができるので人気の場所か。
画像


私の振り出し竿に良いアタリが、また中々のひきが、結果サバであったが中々の型であった。他のサバと同様即リリースしてしまい(氷の入った専用クーラーも持ち合わせていない中でサバは生かせておいてもたちまち死んでしまうし、また活きの低下も早いので)画像は撮りそこなったが、彼が私のカメラで様子を納めてくれていた。
画像


陽もかなり上にきた頃にはピタリと反応も止まってしまった中で、外房側の彼がよく行くと言われる天津小湊へ移動となった。途中いくつかの漁港や磯場を見ながら一時間程で現着。私には初の場所だが、先に堤防へ行って始める。
私の釣り位置から鯛の浦遊覧船の乗船場方向を見る。この堤防の内側が彼が以前沢山の大型カマスを釣った場所であると聞かされたが、水深も浅くなんの変哲もない小さな漁港内であるが、今年の一月から二月にかけて大型カマスが引っ掛けて釣れるほど大量にいて連日足の踏み場もないほどの釣り人であふれ、それでも皆一時間ほどでクーラーがあふれるほどの釣果となったらしい。連日釣っても釣ってもいたと言う事で、おそらく数万匹の大群が居座っていたようだ。
画像


彼はアジやクロダイも良く釣れると言うポイントにて始める。
画像


鯛の浦遊覧船も決まった時間間隔でお客さんを乗せてでてゆく。
画像



私の釣った丸々と太った良型のキス、この後ももう一尾良型を追加した。
画像


彼の方はメジナを釣りあげ始める。
画像


人慣れしたハトがずっとそばから離れなかった。
画像


彼の竿に良いアタリがきてかなりの引きが、海面から堤防の上までは高さもあるので強引に引きぬくには微妙な1号ハリスと言う事、しかしタマ網は離れた車の中という事で、私が取りにゆく事に。その間なんとかバレないで無事タマ網の中へ。
肉厚の中々のメジナ。
画像


彼の釣果のメジナやヒラアジ
画像


エサやコマセも少なくなり、またアタリの反応も無くなったのでちょうどお昼頃に納竿となる。
画像


帰り途中のオシャレな個人経営のお食事処で遅めの昼食を。中央にニンニクの入ったカツ定食をいただく。寝不足状態でスタミナも失っているオジイサン達には絶好のメニューであった。
画像


帰宅して寝不足と暑さのせいで効いてはいたが、活きのよいうちにと釣果の下処理を。あの良型のサバも出刃でもあればその場で開いて数時間も干せば美味しいサバの開きができたものだと悔やまれた。次回は出刃と簡単なまな板と水も多めに持参してみようと思った。玉網もそうだが準備してかまえてゆくと逆に不思議と釣れない事も多いものだ。
画像

キスももうすこし数があればテンプラが最高なのだが、メジナも含めて今回はすべて塩焼きに。特に夏のメジナはえてして磯臭さくて敬遠しがちなのだがどうか・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
海釣りのご様子、見させて頂きました。
自衛隊堤防と呼ばれる場所があるのですね。午前3時には既に到着されたそうで、釣りの開始時刻は早いですね。野良猫が釣り上げた魚を狙っているそうで、猫たちも良く分かっていますね。
1月から2月に大型カマスの大群がいたそうで、数万匹とは驚きます。
釣ったその場で新鮮な魚を頂くのも良いですね〜最高の贅沢かも知れません。
ところで、トビはいませんでしたか。鳩には襲撃されないですよね。
トラッキー
2017/07/16 18:28
トラッキーさん、おはようございます。
真夜中、寝苦しさで起こされてパソコンを開いた中でコメントを拝見しています。
今回は一番条件の良い朝マズメ狙いで深夜に出発しましたが、彼にはその時間帯での釣行はあまり経験がないようで、暑さもあった中で帰りの道中は寝不足での運転がきつかったようでした。
館山での釣りでは沢山の野良猫がおこぼれを頂戴しようと集まってきて、人慣れしていてじっとチャンスをうかがっていました。
この場所も良い時には30センチ以上のサバが入れ食い状態になるようで、そうなると開きにして半日も干せば美味しいのができると思われます(できれば冬場の方がベストですが)。
移動した天津小湊の漁港堤防は、内側の浅い静かな場所が大量の大型カマスの出現で今年の1月から2月にかけては大変な賑わいであったようでした。こちらの漁港も先日の悪夢の漁港には近くてトンビが数羽舞っていまして、キスを針から外す時は注意が必要でした。
今回の魚は全て塩焼きにしましたが、メジナの方もすぐ下処理したせいか磯臭さもありませんでした。
マナオ
2017/07/17 03:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
友人との釣行  ブルジャケの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる