ブルジャケの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 果樹達の様子

<<   作成日時 : 2017/05/28 05:33   >>

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

ブルーベリーの実。このブルーベリーの木は以前誰かが植えてあった木が一度枯れた後に根元からまた育ってきたものだったが、それからは一度も実をつけていなかったので、試しに一昨年の冬場に剪定してみたところ二年越しでいくつかの実をつけてくれた。
画像


こちらも以前からあったすこし小粒の種のブルーベリー。たぶんブルーベリー好きの息子の嫁さんが以前植えたもので育ってはいたのだが、最初から植えっぱなしだったようで枝も混み過ぎて実のつきもイマイチであった。
そんな事で昨年の冬思いきって剪定してみたところ今年は見事なほど実をつけてくれた。
画像


あまりにも生り過ぎてしまったので房毎に摘果してみた。
画像


リンゴの津軽。今年初めて数個実をつけてくれた。定石通り摘果して各場所一個ずつにしてある。この木は以前試しにと枝を横に誘引してあるのでかなり手入れがしやすい。
画像


リンゴのアルプス乙女。昨年よりは多く実をつけている。こちらは多少摘果した中で二個や三個生りもありで、今のところ全部で20個近くはあろうか。
画像


大石早生の実
画像


こちらも大石早生、大分大きくなってきた。
画像


チェーリープラムの実。実も木もそして葉も見るからに丈夫に育って見える。
画像


こちらもチェリープラムの実の様子
画像



ネクタリン(ファンタジア)の実、苗木で植えてまだ二年目で木の育ちは悪いのだがまた実をつけている。
画像


近所の親戚から小玉西瓜を戴く。初物としては半月以上前にハウス栽培の物をバンドメンバーより戴いている。
下世話ではあるが、まだまだスーパーの店頭にある小玉や大玉西瓜はお値段もいいので中々に手が出ない。
この親戚からは出荷時期になると毎年西瓜を頂戴しているが、七十代半ばを過ぎても夫婦でこの時期は露地西瓜を、そして冬場はニンジンなどを多く作って出荷している。また旦那さんは10年前には二度もの手術をしてもいる中でもバリバリの現役で頑張っている。あのパワーとエネルギーはいったいどこから来るのかと只々感心させられるばかりである。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
2年越しのブルーベリー、今年は収穫
出来そうですね♪
マナオさんのお話ですと、この木は
結構強そうですね。
私の裏山にも誰かが植えたブルーベリー
餓死寸前の姿で、それでも今年新芽を
見ました。勝手に復活を試みてみようかと
思います。
たくさん実を付け過ぎてもいけないので
しょうか?

えっ!もうスイカですか?
店頭では見ますが、私はまだ食していません。
フルーツの中で一番好きなものがスイカです
慈園
2017/05/29 10:48
慈園さん、こんにちは。
ブルーベリーに関しては、全くと言っていいほど種類も含めて知識がありませんが、たまたまスモモとリンゴをすこし育てています中での今までの経験や体感から、半信半疑ではありましたが剪定も試してみました。結果的には大成功でした。
慈園さんの裏山で餓死寸前のブルーベリーから新芽が出ていたとの事ですが、最初の画像のブルーベリーも以前完全に枯れてしまった後に根元から芽が出てきて少しずつ育ちその数年後剪定してみたところ、何か所かに実をつけてくれました。
画像の中でも比較的大粒の種類(一番最初に載せた画像の種)は摘果しませんでしたが、画像で二枚続けて載せました種(名前は解りませんが)では、ひとまわり実も小さい種類のようで、また生り方もひとつの枝にいくつもの房をつけて大量になりましたので摘果してみました。
スモモでもそうですが、大きな果実にしたい時は、数が多いとその分実への栄養が分散されますので、そういう状態の時は思いきって摘果しています。また果樹の種類によって摘果の仕方も異なってくるかもしれません。
私の町ではスイカは昔から産地でしたが、私の子供の頃は自分の家も半農半商の中で、また当時の西瓜栽培は露地栽培しかない中で(露地栽培でも現在の進化したものとは異なります)、確か梅雨が明けてからの収穫であった気がします。慈園さんもスイカが大好きとの事ですが、女房などもスイカが大好きで私の町に嫁いだ事を理由によくあげています。
周辺のお店では4月までは熊本産が殆んどで、今は他県ものが出回っています。地元のハウス栽培の西瓜は4月から5月中旬が出荷で、現在は露地物の大玉や小玉が出荷時期を迎えています。
マナオ
2017/05/29 13:26
こんにちは。
表紙の写真、素敵な写真ですね。みずみずしいブルーベリーの実と葉の色彩が素晴らしいです。
「植えっぱなし」は良くないことが分かりました。子どもも「ほったらかし」は良くないのと同じですね(笑)。
リンゴ、大石早生、チェリープラムたちの新緑も素敵です。マナオさんの「愛情」を受けて成長していくことでしょう。結実の季節が楽しみです。
近所のスーパーでもスイカが売られていますが、値段を見てビックリ!
スイカは夏まで待つことにします(笑)。
トラッキー
2017/05/29 18:53
トラッキーさん、おはようございます。
最初の写真のブルーベリーの木の元はかなり前のもので、一度完全に枯れた後に根元から出た芽から育ちましたので、それだけでも年数はかなり経っているかと思います。
息子の嫁さんはブルーベリーが好きなようなのですが、苗木を買ってきてもせいぜい植えるだけが精いっぱいでして、その後の世話をしません。自分達の住まいの玄関脇に違う種でかなり育っていた二本のブルーベリーの木があるのは以前から知っていましたが、育ち放題で枝も混んでしまっていてこれでは全体に陽もあたらないと思い勝手に剪定をしました。
素人ながらの試行錯誤しながらの世話ではありますが、リンゴやスモモ達も手をかけた分だけ実をつけてくれますと嬉しいもので、日に日にまた育ってゆく実には愛情さえ感じてしまいます。
一カ月前では行きつけのスーパーでは熊本産の大玉がLサイズで三千円近くはしていました。現在は同サイズで茨城産になりましたが、2200円となっていました。毎年この時期はバンドメンバーや親戚からのいただきもので間に合いますので有難いと思っています。8月頃は地元の西瓜もありませんので秋田産や青森産の大玉(3L、4Lサイズでも1200円から1400円程度とお得です)を買いますが、東北西瓜もコクが強くて美味しいですね。
マナオ
2017/05/31 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
果樹達の様子  ブルジャケの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる