ブルジャケの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 5年ぶりの釣行

<<   作成日時 : 2017/05/23 05:46   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 4

休日の午前中、友人のラーメン屋さんへ食べに行くか、はたまた草刈りの作業でもしようか、膝の痛みもある中で思案しているところへ、バンドメンバーが訪れてきて午後から海釣りに行くのだが一緒にどうかとの事。彼の話しでは西瓜の出荷の切れ目で時間が空いたので釣行する中で誘いにきてくれたとの事だった。急な誘いであったが道具も貸してくれるとの事で了解して午後1時には彼の車に同乗して出発。

2時間余りで釣り場となる漁港に到着。この場所は私には初めての釣り場でもあった。
画像


メンバーは手慣れた様子で仕掛けも付けてすぐに投入
画像


私の方はというと急にかき集めて持っていった竿やリール(特にリール)が使い物にならずで、結局は竿とリール一式を借りての釣りとなった。仕掛けは在庫してあった以前よく愛用していたトリックサビキ。そしてアミコマセは5年も冷凍で眠っていたブロックを使用。
画像


堤防の外海側の元方向の様子。この海岸近くの海はこの後のイセエビ漁のポイントに。
画像


メンバーも堤防内側を攻める。
画像


こちらはテトラの入っている堤防先端方向を見た外海側。テトラの先も根がかりが多そうな様子。膝が悪い為テトラに乗っての釣りは最初から敬遠する。
画像



港の出口付近には10隻ほどの小型漁船が集まりだして、午後4時半ちょうどになると一斉に全速で各船が走りだした。地元の釣り人の話しでは、イセエビの刺し網漁で、4時半が開始時間で皆場所取りで競って出てゆくとの事だった。
画像


釣果もあがらず、しばし地元釣り人からの情報仕入れを
画像


一瞬強く風が吹いた時にメンバーが持参してきて堤防上にセットしていた背もたれつきの折りたたみイスが飛ばされて堤防内側の下に落下。幸い堤防下の際に引っかかっていたので、4メートルはあったが、玉網と水汲みバケツと綱を使って何とか引き上げられた。
これは引き上げた時の様子。
画像


最初から堤防周りの海面には小サバの群れが多く見えていて、他の釣り人も釣れるのはこの小サバばかりで、私達も終始こればかりであった。
地元の釣り人の話では、この場所も小魚の群れを追って青魚も入ってくるし、またヒラメなども時折釣れているとの事。ヒラメ釣りも小イワシや小アジの活きエサなら狙っても面白そうだが、小サバではどうかと思いながらもこれだけはいくらでも釣れるので、メンバーも一本はそれをエサにヒラメ狙いで。
一度だけ私のトリックサビキに掛かった小サバにヒラメらしき魚が食いつきかなりの竿の食い込みもみせたが、如何せんサビキのハリスは0.8号でもあり途中でバレてしまった。それでもあげて見たところハリもハリスも無事であり魚だけがとられたようだった。近くで見ていた地元の釣り人が言うには、青物は引きがもっと鋭いのであの引きはヒラメであろうとの事だった。
画像


陽が山影に隠れる頃までして納竿となる。
画像


帰り支度の為に仕掛けも外して竿も納めているうちにやはりメンバーから借りていた専用ウキが足元から無くなっているのに気づく。ちょうどこの時も風が少し強くなっていたので飛ばされてしまったのかと思いながら堤防上の周囲や堤防下の海面を探してみるが見あたらず。諦めかけた時に堤防の元附近に無くしたウキを発見、高さもある中で玉網を伸ばしてなんとかすくえた。そこに偶然あった誰かが無くした飛ばしウキも一緒にすくう。
画像


帰りの途中でお腹も空いてきたので、和食のファミレスに立ち寄り夕食を、二人とも天丼セットを。釣果こそなかったが、久しぶりに潮風にあたる事もできて、思いがけなくも楽しい休日の午後となった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
海釣りのご様子、じっくりと見させて頂きました。
マナオさん、5年ぶりの海釣りなんですね。堤防での釣りは気軽にできそうな感じですが、結構難しいものですね。
折りたたみ椅子やウキを落とされて、回収できてよかったです。
引き方で魚の種類が分かるなんて、さすが「地元の釣り師」です。
天丼セット、美味しそうです。
トラッキー
2017/05/23 19:26
トラッキーさん、こんばんは。
消防団活動が終わった十年程前に釣りを再開と言いますか、息子が使い古した安価な川用の延べ竿一本だけを使い、車が横付けできるような漁港内でののんびり釣りをしていました。
しかし、その場所もあの3月の震災時では7メートルの津波が押し寄せて漁港内の漁船や釣り船の多数が被害を受け、また漁港近くの街周辺では十数名の死者もでたりという状況にもなり、その年は釣り期になっても後ろめたさが伴ってとても釣行できなくなりました。
その翌年の春にたまたま漁港の様子を見に行った際に、漁港近くの地元の人から逆に釣りに来てくれるよう言われました。その時の話では震災以後船宿への釣り客も激変し、翌年になっても中々お客さんが戻ってこないという事や、漁港や堤防の釣り人も同じく減って釣り道具のお店やまたコンビニまでもが売上減になって困っているとの事でした。それならばとまた再開をしたのですが、母の介護の度合いが増えてきて途中から止めてしまい今に至っていました。
そんな事でしたので、海へ行って竿を出しただけでも気持ちの良いものでした。またそんな久しぶりの釣りでも思いがけない引きも一度だけですが味わったり、ウキやイスの堤防からの落下の(面白)ハプニングもあったりと、いろんな意味でも楽しい釣りとなりました。潮風にあたった後の食事もひと味違いました。
マナオ
2017/05/23 20:23
海釣りは、やはり気持ちよさそうです。
さかなが引いてくれる時の気持ちって
やはり味わった人でないと、感触は
わからないでしょうね〜。
獲れなかったのは残念ですが、久しぶりの
釣りで楽しめましたね。
天丼も美味しそう〜
慈園
2017/05/24 13:09
慈園さん、こんばんは。
数十年ぶりに再開した釣りも震災の津波で途切れて、その後は母親の介護そして自身の体の事等で一度も釣り場へは訪れていませんでしたので、磯の香りや潮風だけでも心地よく感じました。お陰様で帰りがけにいただいた天丼セットも三倍くらいは美味しくなったと思います。
マナオ
2017/05/24 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
5年ぶりの釣行  ブルジャケの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる